多くのレビトラの偽造品が劣悪な環境で製造されています。

知的財産権を侵害する偽造品のレビトラ錠を買わないようにしましょう。

不衛生な環境で製造された錠剤には不純物が多く混ざっているので、品質の安全性が非常に疑わしいです。

レビトラの偽造品が劣悪な環境で製造されています

被害の例は次の通りです。

外国で偽造品のED薬と精力サプリメントを一緒に飲んだ男性が、低血糖により昏睡状態に陥った事例がありました。正確には精力サプリメントが原因であるかもしれませんが、偽造品のレビトラが原因ではないかと疑われています。このようにレビトラの場合、2009年までに約90人の男性が深刻な症状が発生していたことが報告されています。そのうち2人は死亡したのですが、偽造ED治療薬を服用したことで引き起こされた心疾患による死亡と推定されています。一部では正規品のレビトラを服用しても同じように心疾患で死亡したのではないかという声もありますが、とにかく心疾患により死亡した服用者たちは皆、偽物を服用していました。

日本国内でも2011年に奈良県でED治療薬の偽造品を服用した患者が、呼吸が止まり応急室に搬送された事例がありました。偽造品のED治療薬を飲んだ後に発生したのですが、患者に元々持病があったかもしれないと言われています。

一般人は偽物を見分けることは容易ではありません。

国内で勃起不全治療薬を製造及び販売している、バイエル社をはじめとする製薬会社4社が共同で調査しました。インターネットで販売されているED薬を買い、本物か偽物かを調べ各錠剤の含有成分を技術的に分析しました。その結果、偽物はED薬の成分が含まれている物もあり、含まれていない物もあったそうです。またその他にも正体不明の不純な成分が含まれている物もあったそうです。

錠剤は本物か偽物かを見た目だけで判別することは難しく、製品の箱や包装まで本物のように作られた精巧な偽造品もあるので、一般人が偽物を見分けることは難しいことなのです。

偽造品はほとんどの場合、通関できません。専門家が通関手続きの際に通関拒否としますが、100%止められるわけではありません。また、偽造品であることを知って購入し個人輸入する場合もあります。偽造品だと言って税関に通関を申請すると、当然禁止品目であるため手続きが拒否されます。 また、海外滞在時に直接非正規ルートで購入したレビトラは、全部がというわけではありませんが偽物である可能性もあります。

どのような経路で入手したとしても、偽物の薬は健康に被害を及ぼす可能性があります。

レビトラの成分のバルデナフィルをサプリメントに入れて製品を作る場合もあります。このような製品は偽物だとは言い切れませんが、違法です。厚生労働省のサイトでは許可されていない違法の健康食品を紹介しているので、ご参照ください。


国内の購入者は処方箋がなくても
海外の薬の個人輸入が可能

バイアグラをはじめとしアメリカから医薬品を個人輸入の形での日本への輸入することは、厚生労働省から認められています。これは違法ではありません。アメリカの医療法と国内の薬事法の両方を順守しています。海外の通販サイトで注文すると処方せんを必要とせず医薬品を販売し、申請した薬を出荷するということです。

しかしアメリカのFDAはバイアグラの入手するためには、処方せんが必要であると言っています。これはおそらくアメリカ国内向けとして違法な服用に警告し、アメリカ国民の健康を保護するためのコメントだと思います。

このように多くの国内の男性が処方せんの提示なしに、海外からシアリス等のED治療薬を通販で購入し、実際に受け取っています。便利な海外の医薬品の通信販売は、口コミで利用者が増えているため薬がますますよく売れているそうです。この通販方式を個人輸入代行といいます。

国内の購入者は処方箋がなくても

処方せんなしで海外へ薬を販売することが合法であるにも関わらず、日本への発送をしないという海外の薬局もあります。おそらくED薬による副作用等、服用後の安全性を懸念しているのでしょう。

バイアグラの開発会社であるファイザー社も、専門医の監督のもとで服用するようにと注意事項に勧告しています。

日本国民の健康を守る厚生労働省はレビトラを買うにしろ、シアリスを買うにしろ、ED治療薬を個人の使用のために海外から輸入することについては、国内法上の処方せんの規定から除外すると発表しました。

つまり国内で個人が輸入する形で薬を通信販売店から購入すること、輸入代行を依頼すること、その購入した薬を服用すること全てに問題がなく合法なのです。

服用することで発生する副作用やリスクは、すべて使用者本人の責任であるため適切な判断と医師の意見のもとで使用することを厚生労働省では推奨しています。