勃起不全の原因は大きく3種類に分類

勃起不全とは男性の性機能障害の一種です。男性器が性的な興奮があるのにも関わらず勃起しない、性行為をしても性器の硬度が相手の満足する十分な硬さにならない場合などを指します。ED治療薬が開発される前はEDである男性のほとんどが、この症状を治療するのは非常に難しい状況でした。治療するにしてもほとんどの手段が手術であったため、面倒な施術過程を経なければなりませんでした。このような要因により、EDに悩む男性たちがなかなか治療を決心することができなかった時代がありました。

バイアグラなどの薬の発売により、望めば簡単な診断を受けるだけで治療薬を服用できるようになったので、勃起不全の原因については軽く考えられるようになりました。

勃起不全の原因は、以下の説明のように大きく3種類に分類されています。

EDの原因のひとつとして心理的要因が挙げられるのですが、その内容としては毎日感じるストレスや不安、または子どもの頃に経験した性的体験やトラウマなどがあります。また、「性器が小さい」「満足できなかった」などの相手の女性の言葉がストレスとなり脳裏に焼き付きトラウマへと発展してしまい、性的行為時に性器が立たない勃起不全に進行する場合があります。

EDの原因には神経系や血管系の異常であることもあります。神経系の異常とは本来性的興奮があると脳が勃起の命令を下すのに、神経系内の信号が正常にペニスまで伝わらなくなることをいいます。神経系は正常なのに血管に問題がある場合にも、性器が勃起しないという症状が現れます。この場合は、海綿体に大量の血液が流れ込まないことから起こります。本来血管が拡張し血液が流れ込んでいかなければならないのですが、異常により血管が拡張せず硬くなっているままのため、海綿体に血液が流れ込まないことが原因でED状態となります。

EDの原因となることの中に薬の服用によるものもあります。代表的なものとしては、抗うつ薬や降圧薬などがあります。EDの原因となる薬については、インターネットを使い簡単に検索して調べることができます。特定の薬を持続的に服用している方はまずその薬について調べ、その薬がEDの原因に該当するか否かを確認することが重要です。