血管が拡張され血がよく流れるようになること

最も有名なED治療薬はいくつあるでしょうか?3つありますが、EDを治療する効能や副作用はすべて似ており、含有されている有効成分は異なります。その中でレビトラはバルデナフィル塩酸塩水和物という成分で作られた薬です。この薬の20mgは、錠剤の中には有効成分である塩酸塩水和物23.705 mgのうちバルデナフィルが20 mg含まれていることを意味します。

この成分が体内に入ると勃起を阻害する酵素を効果的に妨害し、その結果として血管が拡張され血がよく流れるようになることで勃起が持続され性行為が可能になります。

一度レトビア服用するとすぐに薬の効果が現れ始める特徴があり、飲んだ後に性的刺激があると血流が急速に性器の周りに集められ、性器が勃起します。この時陰茎が硬くなることが、他の2つのED薬よりも強化されているのが特徴です。 もし使用者が食事中や食後すぐに服用したとしても、他の2つのED薬と比較すると吐き気がしたり治療効果が落ちるなどの悪い影響を受けないことが、もう一つの特徴です。とはいえ、食事量の一般的な推奨カロリーの850カロリーよりも多く過食した場合、影響を受けることがあります。

この薬は他のED治療薬にはない特別な効能があります。一般的には、糖尿病患者がED薬を飲んでも治療効果を期待するのは難しい場合が多いのに対し、レビトラは高い有効性を発揮するためクリニックでは、バイアグラ50 mgで効果があまり出なかった患者にレビトラ10 mgを処方する場合が増加しています。

ちなみに、メーカーであるバイエル社のデータを見ると、服用者が体験した副作用症状のうち頭痛が4.2%、動悸2.5%、鼻づまり2.2%があります。また、メーカーは投薬後に勃起不全が改善され、性行為に成功した割合を1週間から10週間までの表を提供しています。