EDを改善する補助方法

対症療法でEDを治療するために、レビトラなどの薬を購入し服用している方々がたくさんいます。しかし本当にEDを改善したい場合は、食生活を改善する必要があります。

毎日の食事が脂肪と脂っこい加工肉だと、勃起不全に良いことがないばかりか体にも良いことはありません。暴飲暴食した場合、カロリーが高く胃に負担がかかり薬を飲んでも薬の効果が出るはずがありません。

好きな食べ物だけ食べる偏食は、体のバランスを壊し勃起機能に影響を与えます。

そして過度な炭水化物の摂取は、体重を増やし肥満になってしまうこともあります。

さらに過体重の方は、食事量に気をつけないと血液がドロドロになり糖尿病の可能性も発生します。

食べ物の摂取は、低カロリーの野菜中心の献立に変えると体が健康になります。健康であることは勃起機能にも関わります。

野菜は可能であれば、さまざまな種類の野菜をたくさん食べるほど、血液がクリーンになります。EDは血液に関連する疾患でもあり、血流がよく流れるようにするのに役立つ食品の摂取を考えてみましょう。

EDを改善する補助方法としては、必要な量の水分の供給を受けることが重要です。現代人は水をよく飲まない傾向があります。特に水分が体外に出ていく季節である夏には、さらに重要です。水分不足でパニック状態になると、勃起が起こりません。

EDに対処するためには、スイカを食べましょう。スイカはレビトラを服用した時と同様の効果があるという最近の発表もあります。

スイカに含まれる成分のうち、シトルリンという成分が血管の拡張を助ける物質の生成を促進させ、薬を服用したときと同様の作用をします。

摂取したシトルリンは、体内の酵素と結合してアルギニンに変化します。アルギニンはよく知られているように、心臓や免疫システム、そして精力にも良いアミノ酸です。この成分は、特に皮に多く含まれていてスイカを食べる時は、皮も一緒に食べると良いそうです。

勃起不全の患者には牛乳、キュウリ、ケンタロップも、勃起機能の改善に役立ちます。

レビトラ20mgを1錠服用することで魔法のように勃起が起こりますが、食事の調節をして体質が改善されると長期的にはED治療薬が必要なくなることもあります。