単価がすごく安い製品は避けた方がいいでしょう

ネット上で流れている噂によると、通信販売での薬の単価がクリニックで販売している単価より安いため、購入コストを節約することができます。例えば、飲むと即効で勃起不全の治療効果が現れることで有名なレビトラの20mgは、病院で約2,000円を支払うことで入手することができます。

しかし、個人輸入代行をするインターネット通販を利用すると、レビトラを1錠あたり約1,600円台の安価なコストで入手することができるのです。

日本国内では購入することができないレビトラジェネリック医薬品も、通販を利用すると入手が可能です。その価格帯は1錠あたり300-800円程度です。しかし、発送される国によって製品の品質や販売価格が、少しずつ異なります。品質を重要視される方は、単価がすごく安い製品は避けた方がいいでしょう。

レビトラの有効成分はバルデナフィルで、この成分で作られた後発医薬品がレビトラジェネリックです。この薬は、男性の勃起障害を治療・改善する作用があり飲むとすぐに効果が出てくる即効性を誇っています。個人差がありますが効果の持続時間は約4時間で、そして服用時に食事をしても効果が半減されないとメーカーであるバイエル社と言っていますが、基本的には空腹時に1錠服用することが推奨されています。薬効が持続している期間の間は好きなだけ性行為をすることが可能で、ほとんどの患者が20mgを服用していますが、効果が弱い5mgと10mgも製造・販売されています。

レビトラは、体内でcGMPという物質の合成を助け、平滑筋を弛緩させ勃起を妨げるPDE5という酵素を阻害することで勃起が可能にします。この作用は血管内の血流が改善されるようにする作用です。この薬は、海外では早漏(PE)を予防するのにも若干の効果があるとして人気を得ています。

同じ系列のPDE5阻害薬であるED薬であるバイアグラも、もちろん人気があります。他の薬よりもネット上で多く売れているのかについての比較表はありませんが、全ての個人輸入を代行するオンラインで、人気商品として販売されていることは確かなようです。